水のきらめきが何度もここにもどらせる

»

夜ノ眼

Author:夜ノ眼
♂>♀
0歳3ヶ月5時間23秒












ららん、










レスミット→ジアゼパム


薬を飲まなきゃ
前も向けない僕だから。





電波の波で出会えた事に
感謝します。


コンタクトには それなりに答えます。
寂しいのは常。
恋愛感情は嫌いです。
あと せxとビッチは廃棄物。











詩を作ったり、詩集つくったり
モデルったり、ヴォーカルだったり。

でも 本職はお菓子屋さん。
いわゆる アーティストです、はい。

















ランキング


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 対人恐怖症へ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ





ぽちリとされると
静かに喜びます。








Do you know me?
NO


































+ + + + + + + + + +


詩集を
無料で
配布してます。
黒猫瀕死隊


mixiしています。
本家: 
go?:日記
メールアドレス:

そして
当サイトはリンクフリーです。
詩の著作権もフリーです。



お気に召さない方は
回れ右。








+ + + + + + + + + + + +








*チャット*






現在の閲覧者数:




病んでいる貴方へ
TOP画が貴方に Touch me!
と叫んでいます。














































































アメさんが作ってくださりました。
banner-wristcut001.gif



バーナーを張ってくれる方へ
此方をコピペしてください。












»言葉の夢遊病
»目次
»僕と君の咆哮
»僕の傷跡
»ブロとも申請フォーム

この人の傷跡をみる?

»僕のアレとコレ
ブログパーツ
dekiru雨

スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

重力を無視する。

2009-10-31 (Sat) 04:27


何か変われたんだろうか

鏡の前にたって
くるりと
一回転してみた


相変わらず
笑顔は下手だし
相変わらず
可愛くないのだ



逆に


何が変わってないんだろうか



スポンサーサイト
迷子 | comments(0) | trackback(0) |

切り裂き少女の愛

2009-10-31 (Sat) 04:16


狂ったように周りを切り裂いた


感情を
悲しみを
自身の腕も



鏡に映る
すべての世界が憎かった
鏡に映る
僕自身はもっと憎かった



切り裂いても
切り裂いても

何も変わらないね



現実は 切れない


どんなに 切れ味のよいカッターでも。




哀してる | comments(0) | trackback(0) |

僕が僕を振り返ったとき

2009-10-31 (Sat) 04:06


後ろを振り返ったら
死んだ目をした僕がたくさんいて
項垂れてた。


「しっかりしろよ」



語りかけては
揺さぶってみたり
抱きしめてみたり
してみたけど



「しにたい」


そう口走る僕だらけでした。



僕は唖然とした
確かに それは僕だ
しにたい しにたい云う僕だ


握り締めた拳が
ふるえる




「生きることは
 くるしいよ
 かなしいよ
 痛いよ、すごく。

 でも
 ほんとは気づいてるだろ。
 そのほうが 生きてるって
 感じれるって。」





僕は 途切れ途切れにつぶやいて
上を向いた
重力にしたがって
水滴が床と鉢合わせした。








たくさんの僕たちは
分裂を繰り返し
僕に


戻った。
迷子 | comments(0) | trackback(0) |

赤裸々。

2009-10-30 (Fri) 03:19

雑事です




無駄に期間限定配信でした(苦笑
現在では御視聴できません

続きを読む

リストカットに恋をする | comments(2) | trackback(0) |

星屑

2009-10-30 (Fri) 01:46



どこにいるか
わかります?


さっきから
ずっとまえから
ここにいるんです


でも
目の前の光が邪魔で
見にくかった
だけなんです




僕ずっと
ずっと
ずっと
ずっと


ここにいたんです。





迷子 | comments(0) | trackback(0) |

どうして君が傷つくの?

2009-10-30 (Fri) 01:00



死にたいのは僕なのに

切りたいのは僕なのに



どうして君が

そんなに傷つくの?



痛いのは 僕なのに


死にたい
死にたい

いう
僕を

見るのがつらいなら
僕なんか消していいんだよ


見捨てていいんだよ。

捨てていいんだよ


ゴミ箱へ。





僕を。
迷子 | comments(0) | trackback(0) |

先生っ

2009-10-29 (Thu) 02:51
 
 
 

想うんです。
もう
やめませんか?
(^-^)
 
 
 
 
その
人類友達思考。
 
 
 
 

そして、
こうもいいたい
 
 
 
自我の確立した僕を
再度
型抜きするのをやめてください
 
 
人が きらいで
人が こわいんです
 
 
そういう人間もいるんです
 
 
 
 
察してください。
 
 
先生なんだからっ。
名称未設定_9641 | comments(0) | trackback(0) |

1+1≠2

2009-10-28 (Wed) 02:57
 
僕と君を足して
2であるだなんて
信じたくない
 
 
今は
マイナス。
 
 
僕が君を喰い潰してる。
 
しにたい僕が
君を食べて
ギリギリを
生き長らえてる
そんな感じ。
 
 
 
未来は
きっと
2以上にしたいな
 
 
暖い
2以上を
目指したいな。
 
 
 

僕+君≠2 
名称未設定_9641 | comments(4) | trackback(0) |

→の平行線。

2009-10-28 (Wed) 02:48
ねぇ 知ってた?
僕には 君しか
いないってこと。
 
 
なぜなら
 
世界中の誰にも
僕を理解する事ができなくて
皆 笑っているけど
心のそこでは
 
 
僕の事
見捨てて、
怖がって、
恨んで、
るんだよ。
 
 
だから
 
君だけは、僕の事、
あんな目で見ないでおくれよ。
 
 
 
後生だから。
ね?お願い。
 
 
 
名称未設定_9641 | comments(0) | trackback(0) |

jゅmaあgwm僕、9641、消滅願望

2009-10-28 (Wed) 02:36
 
苦しい、
 
 
小さな口で
誰にも
聞こえない様に
毒づいた
 
 
どうして
誰も
僕に気がつかないの?
 
 
僕の顔が
笑っているから
なのかなぁ?
 
 
 
笑いたくて
笑ってる、
わけじゃないのにね
 
 
 
 
苦しい。
気付いて、
僕 死にたいの。
名称未設定_9641 | comments(2) | trackback(0) |

僕が宇宙人だった話

2009-10-27 (Tue) 00:33
 
僕には 言葉がない
 
言葉は 凶器で
 
残虐で 恐ろしいものだからだ
 
 
 
君との会話は
少ない単語と
単調なtelepathyを使う 
 
君は、ある日言った。
 
 
『本当の気持ちは
 言葉じゃないとわからないよ』
 
 
この言葉は
僕の胸に突き刺さった
 
 
ほら こんなにも凶器。
 
 
だから 僕は捨てたのに。
 
 

僕は最後にtelepathyで 
『か、な、し、い』
と綴った
 
 
それ以来
君にあう事も
想う事もなかった
 
 
 
 
 
君も不特定多数と同じなんだ
名称未設定_9641 | comments(2) | trackback(0) |

『ナンダカワカンナイノ』と対人恐怖症

2009-10-27 (Tue) 00:25
 
僕は 頬杖、上の空。
 
 
『クラスの人の名前?
指で数えられる程
言えたら 満足でしょ?』
 
『大体、
好きでもない
低能と喋る必要なんてないんだ』
 
 
 
文化祭を目の前に
クラスで相談しあう
自分が所属したグループを
僕は遠く感じた。
 
強がって
心の中で毒づいたけど
両足はふるえてる。
 
 
 
本当は 人が怖いんです。
 
話すのが怖いんです。はい。
 
 
 
だって
僕 きっと
嫌われてる。
 
みんなには
『ナンダカワカンナイノ』って
レッテルを張られてるんだろ
きっと。
 
 
 
 

きえてしまいたい
名称未設定_9641 | comments(0) | trackback(0) |

2009-10-25 (Sun) 23:22
 
僕に後ろに
進む機能があるのなら
話は別だけど
 
残念ながら
どうにもこうにも
ならないようです
 
 
なので、
 
進まなきゃ、
進まなきゃ、

僕が止まってしまう
 
 
だから進むんです
 
 
 
 
例えば
振り返ってしまいそうな
痛い日々が
僕を包んでも
 
前を向く事しか
できないんです。
 
 
だから、
 
進まなきゃ、
進まなきゃ、
 
僕が止まってしまう
 
 
 
 
わかってるんです
 
 
でも
何時になったら
休憩してもいいんですか?

 
 
 
追記
海が塩辛いのは
完璧主義鮪(まぐろ)の
涙なんでしょう。
名称未設定_9641 | comments(0) | trackback(0) |

ららら キチガイさん。

2009-10-24 (Sat) 10:36


夢の中で 僕は
サディストだった。




大嫌いなあの子を
クローゼットに閉じ込めて
残忍なショーをはじめる


目の前で僕の腕を切ってみたり
ライターを手に押し付けて
焦げさせる




彼女は 目を見張る





「君、聴いているかい?
 どうして 僕がこんな事をすると思う?」


「それは ね
 君が大嫌いだからだよ」


「これは 僕が君に
 傷ついた分、
 具現化されているだけなんだよ」





恐怖する君を目の前に
にっこり笑って
目が覚めた。







そして 初めてどれぐらい嫌いだったかを認識したんだ。
愉快、不愉快。 | comments(4) | trackback(0) |

僕の僕による感情の掃き溜め。

2009-10-23 (Fri) 00:21



君を想うと
死にたくなる。


顔も
性格も
見た目も
なにもかも


僕は 君に劣っている。


どんなに努力しても
溝は埋まることなくって、



こんなに
汚い


君は
こんなに
美しい



この差は なんなんだろう。



細胞の変化、
微量の遺伝子、
それとも何かの戒めですか?





嗚呼、


生きて痛くない。
迷子 | comments(0) | trackback(0) |

嘆きの夜

2009-10-22 (Thu) 05:37


どうして 涙なんか出るんだろう。

理解されない、

そんなこと わかっていたのに。



どんなに叫んでも
どんなに論じても


もう無理なんだね。


届かないよ。
何もかも。



僕の周り、
敵、
ばっかり。




低反発枕 | comments(0) | trackback(0) |

ありえない未来

2009-10-22 (Thu) 05:23



もしも、ね


君と別れることがあったら

僕は

おなかいっぱい

腕をきるんだ。



もしも、ね


この家から

逃げだせたなら

僕は

幸せになるんだ。





かなわない日々を
想い、

苦しむ日々と
然様なら




し、た、い。



迷子 | comments(0) | trackback(0) |

机上のナイフ

2009-10-20 (Tue) 09:58
 
だれもかれもが
 
僕に対して
 
貴方は冷たい
貴方は冷酷だ
 
 

 
投げ掛けるけど
 
軽率に
誰かを愛する事なんて
僕にはできないよ
 
 
深く刺し合うレベルで
愛し合おう
 
傷を分かち合おう
 
 
 
~
名称未設定_9641 | comments(2) | trackback(0) |

僕と自転車

2009-10-20 (Tue) 00:55
僕は量産型の自転車に乗り
毎朝目的地に向かいます

ある日の事です。
自転車は
きぃきぃと不快な音程を
口ずさみました


「なにか用ですか?」
赤信号のところで
僕は小声で自転車に話しかけました。
 
「辛いのです」
 
彼がそういうと
また信号は青になり
彼はきぃきぃと泣きました。
 
「なにがそんなにつらいのです?」
僕は 素知らぬ顔でききました
 
 
「もうクタクタなのです。限界なのです。」
 
 
泣く泣く自転車は答えたのですが、
僕にはサッパリ。
 
 
自転車は続けます。
 
「毎日毎日、
この様に前だけを向いて
走るのにはつかれたのです。
私だって、歩きたい。
周りを見渡し、
そして、
季節を感じたい」
 
そこまで 自転車はいうと
また きぃきぃ泣き始めました。
 
僕は 時計をみて
時間を確認すると大きなこえで独り言をいいました
 
 
「今日は天気がよいので目的地まで歩いて行こうかなぁ」
 
 
 
 
自転車をおりて
相棒の背をおすと
自然と泣き声は
聞こえなくなって居たのです。
 
 
◆◇◆◇追記◆◇◆◇
人にがんばれ がんばれ
と言われるのが億劫だ。
僕がどんなに頑張っていても
だれかは もっと頑張れ
まだ 大丈夫というのです
だから
僕は 『頑張れ』と
いう言葉より
一緒に歩こうといえる
強さがほしい。
名称未設定_9641 | comments(2) | trackback(0) |

自傷妄想

2009-10-18 (Sun) 23:28
 
切る


いけない

らしい
 
瀉血も
いけない

らしい
 
 
でも
僕のストレスは
止まらない
 
僕が欲しいのは
なにも考えなくする痛み 
 
そういえば
人間は妄想力に長けた
生物だ
 
 
 
目を閉じて
鋏を肌に当てる
いつものように
滑らせる
 
 
あたりまえだけど
きれない
 
 
しかし
腕を切った感触を
妄想する
 
背筋が震えた
 
 
 
恋しくなるだけだ
失敗。
 
 
 
 ≦
彼さえも許す自傷行為求。
名称未設定_9641 | comments(2) | trackback(0) |

模範友情

2009-10-17 (Sat) 22:40
 
素手で
だれかに触れるには
熱すぎる
 
 
僕達は
仲良しだけど
 
全てを受け入れられるほど
大人になれないよ
 
 
ただ少し
表面に触れて包んであげる
 
それだけなんだ
 
 
 
 
悲しい?
苦しい?
つらい?
 
 
 
いいよ
僕が 包んであげる
 
 
 

 
 

名称未設定_9641 | comments(0) | trackback(0) |

愛情パノラマ劇場

2009-10-17 (Sat) 22:22
 
一杯のアルコールで
 
僕は僕を
捨てられる
 
 
そこで
自暴自棄に涙を
流さずにすんだ訳は
 
 
干渉しない独特の愛情を
友人がくれるから
 
 
一般的な友人像とは
かけ離れてるかもしれない
 
 
だけど
それが
僕達の愛情
 
 
 
名称未設定_9641 | comments(0) | trackback(0) |

みんな しねよ

2009-10-17 (Sat) 01:54
みんな しんでください
おまえ しんでください
名称未設定_9641 | comments(3) | trackback(0) |

そして みんないなくなればいい。

2009-10-16 (Fri) 01:48



みんないなくなればいい

僕を残して
笑ってればいい。

みんなみんな、
そうだ。


僕を残して どこかにいっちゃう・・・。



みんな 消えればいい
みんな 死んでしまえば


そうすれば
少しは、

この気持ち悪い感情も
消えてなくなるんじゃないかな。





愉快、不愉快。 | comments(0) | trackback(0) |

僕、朽ちる、背景。

2009-10-15 (Thu) 01:49



僕のおなかには

ストレスが埋まっているの。





たまるストレス。

風船みたい。


カッターで穴をあけて
隙間から ストレスをぬきましょう。



そうすると、


ほら、




涙でぐしゃぐしゃな
笑顔。



もう生きて痛くない^^ | comments(0) | trackback(0) |

キチガイの戯言。

2009-10-15 (Thu) 01:42


女性の細い足に魅力を感じずにはいられない。


触れたい、
とまでは思わないけれど
こういうのを目の保養というんだろう。



細い腕
細い足
曲線美を描くウエストライン。



保養、ほよう、ホヨウ。



だから 僕は鏡をみて
がっかりしてしまう。


これが貴方の現実です。



突きつけられて
死にたくなる。



続きを読む

もう生きて痛くない^^ | comments(0) | trackback(0) |

僕と君の溝埋め。

2009-10-15 (Thu) 01:07

僕がアームカットをするごとに
君は小指を僕の前に押し付ける


次はしません。


いつものように お約束をお約束。



どうせ守れる気もしないのに、
指きりをしなきゃ
君は 納得しないから




何の効果も無い約束を
微笑みとともに
君に送るのです。



続きを読む

哀してる | comments(2) | trackback(0) |

見出だせない

2009-10-14 (Wed) 00:36
『生きて居る価値なんてあるのかな』
 
 
脳内がはじける
 
考えて見れば
僕は いらない存在
別に 求められない存在
 
 
空虚
 
 
僕がいなくなっても
明日は来るのですから
 
生きるのに意味なんてない
価値なんてない
 
探せば 探すほど
かなしいし
 
 
目を瞑りたくなる現実
 
 
 
はじめから
なんとなく気付いていた
ひとりひとりの価値
 
 
 
僕くらい死んでもいいよね
僕のかわりなら いくらでも



名称未設定_9641 | comments(2) | trackback(0) |

ボクシネ

2009-10-14 (Wed) 00:14



家に帰るのも 不愉快な今日この頃

安らぐ ぬくもりがほしい。

腕の傷みたいに
心の傷も
簡単に修復されればいいのに








リストカットに恋をする | comments(0) | trackback(0) |

停滞期

2009-10-13 (Tue) 22:30
君は進化していきます
 
 
僕の目の前を通り過ぎる
 
 
猛スピード、
 
 
君と居る日々は
音速
 
目まぐるしいのです
 
 
 
唯、少し
 
時折 寂しくなる事を
お許しください
 
 
君と僕は 繋って居ます
 
 
しかし
それは 小指(ゆびきり)、
脆く、か細い存在で。
 

例えば
これが離れてしまったなら
僕だけ何もない空虚に
取り残されるんでしょう 
 
 
君だけが進んでく
ぼくは
ぼくが
ぼくだけ
停滞。
 
 
 

名称未設定_9641 | comments(0) | trackback(0) |
»体内捜索
»迷路
»アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3471位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
543位
アクセスランキングを見る>>
»管理者メニュー
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。