水のきらめきが何度もここにもどらせる

»

夜ノ眼

Author:夜ノ眼
♂>♀
0歳3ヶ月5時間23秒












ららん、










レスミット→ジアゼパム


薬を飲まなきゃ
前も向けない僕だから。





電波の波で出会えた事に
感謝します。


コンタクトには それなりに答えます。
寂しいのは常。
恋愛感情は嫌いです。
あと せxとビッチは廃棄物。











詩を作ったり、詩集つくったり
モデルったり、ヴォーカルだったり。

でも 本職はお菓子屋さん。
いわゆる アーティストです、はい。

















ランキング


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 対人恐怖症へ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ





ぽちリとされると
静かに喜びます。








Do you know me?
NO


































+ + + + + + + + + +


詩集を
無料で
配布してます。
黒猫瀕死隊


mixiしています。
本家: 
go?:日記
メールアドレス:

そして
当サイトはリンクフリーです。
詩の著作権もフリーです。



お気に召さない方は
回れ右。








+ + + + + + + + + + + +








*チャット*






現在の閲覧者数:




病んでいる貴方へ
TOP画が貴方に Touch me!
と叫んでいます。














































































アメさんが作ってくださりました。
banner-wristcut001.gif



バーナーを張ってくれる方へ
此方をコピペしてください。












»言葉の夢遊病
»目次
»僕と君の咆哮
»僕の傷跡
»ブロとも申請フォーム

この人の傷跡をみる?

»僕のアレとコレ
ブログパーツ
dekiru雨

スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

あそこの交差点に立つ青い女

2010-04-11 (Sun) 00:36








小物語
















壊れたガードレヰル。
たくさんのお菓子とおはな。



其処に佇む、
少女がいた。



彼女は泣いていた。




僕は 後ろにたち、
彼女の顔を覗き込み、言った。


「其れは 君の知人ですか?」



彼女は 驚く様子もなく
伏せていた目をコマ送りのようにゆっくりと
僕に向けた。


「いいえ。知りません。でも、私、このこが轢かれるところをみたの。」

「奇遇ですね。僕も見ました。」


そうして、沈黙が続いた。
彼女の顔を覗き込んだ。泣いていた。




「そんな風に人前で泣いて同情されたいんですか?」



気がつくと 僕は口走っていた。
彼女は 僕のほうにきっと向き返り言った。


「貴方もでしょう。」









そうして初めて気づいた。



僕のほほもぬれていたことに。









見ず知らずの死骸に
僕たちが泣くわけがない。
見ず知らずの君と泣く訳がない。





迷子 | comments(0) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

»体内捜索
»迷路
»アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3471位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
543位
アクセスランキングを見る>>
»管理者メニュー
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。